会社沿革|株式会社クリスタルクリエイト

ホーム > 

会社沿革

永年培ったスペシャルオーダーモデルデリバリーの経験と知識を生かし、ハイエンドユーザー様にご満足いただけるお車をお届けいたします。今後も「株式会社クリスタルクリエイト」は質の高いサービスをご提供させていただきます。
年号 内容
昭和61年 有限会社クリスタルクリエイトを設立
平成元年 埼玉県八潮市新町4番地から本社を移す 。埼玉銀行との外為取引を開始。信用状での車輛輸入を開始。
平成2年 ドイツAMG社、ロリンザー社のメルセデスベンツチューニングパーツの輸入卸売り開始。
メルセデスベンツ、AMG車、及びパーツの輸入。
小売販売セクション「オートプロジェクトD」開設。
平成3年 AMGメルセデスベンツ専門ショップとしての「オートプロジェクトD」の営業開始。
平成5年 ドイツ、Neuwide市JVを設置。メルセデスAMGとのパイプを強化。
AMG stockach (kicherer) と直接オーダー取引。
平成6年 AMGメルセデスベンツE60 Wide Version プロジェクト。 AMGメルセデス E60 Limited を開発。
メカニカルピット“ワーク I ”を設立。
ペイントセクション“ワーク II ”を設立。
AMGメルセデスC36 Wide Version を開発。
平成7年 ポルシェAG オフィシャル PZKレーシングとのコラボモデルを開発。
平成8年 AMG E50 Wide Version をドイツメルセデスベンツ ニダラッセン コブレンツと共同開発。
ドイツ現地法人ブランチファクトリーを設置、MB製ハンドヘルトテスター導入。
グループ子会社 有限会社オートレボリューションを設置。
平成9年 AMG SL60 Wide Version 開発。
平成10年 AMGメルセデス SL60 Limited 25台世界限定の内11台を日本市場へ輸入。
平成11年 独メルセデスベンツコブレンツ支社ニダラッセンとW220 Wide Version プロダクション開始。
S55L AMG、SL12 Brabus のWide Version を開発。
輸入銀行に対し輸入のヘッジクーポンスワップを導入。
平成12年 独メルセデスベンツコブレンツ支社とLorinser K50コンプリートプロジェクト開始。
現地法人ブランチファクトリーを介し、スターダイアグノルステスター導入 。
平成13年 “ワーク I ”、“ワーク II ”を改装(リニューアル)同時に最新鋭設備を伴う。
“ワーク III ”を新築。最新鋭コンピューターアライメントテスター導入。
フェラーリ、ランボルギーニ等のプレミアム新車を輸入開始。
平成14年 輸入事業強化の為、小売と卸売を分割。
ベントレーマリナーの輸入及びオーダー開始。
平成15年 三井住友銀行より社債1億5千萬円発行。
独メルセデスベンツコブレンツ支社ニダラッセンとAMG E55(W211) 及び AMG CLS55 のWide Version プロジェクト発足。
平成16年 外為業務の強化、財務の戦略化に伴い東京都中央区日本橋2丁目に東京支社を設立。
オートプロジェクトD株式会社を株式会社クリスタルクリエイトから分社化し完全小売別法人化。
有限会社クリスタルオートレファレンスを埼玉県三郷市に開設。
持株会社として有限会社クリスタルインターナショナルを設立
平成17年 独マンソリー社の日本正規販売元として、マンソリージャパン設立。
ベントレーマンソリーコンチナンタルGT63を発売。
港区青山でマンソリーベントレーコンチネンタルGT63の発表展示会を行う。
平成18年 東京ビッグサイト インポートカーショーに「マンソリージャパン」として、3台を発表。
東京新宿(中落合)山手通りにサテライトショールーム設置。
三菱東京UFJ銀行より社債2億円を発行。
平成19年 独グレバラ社より日本正規輸入販売元として、ゲンバラジャパンを発足。
独AMGパフォーマンススタジオ(AMG本社)のオーダーライセンス取得。
独メガトロニック社とメルセデスベンツクラッシック事業を開始。
平成20年 プレミアム輸入車市場開拓開始。
ビンデージクラッシック事業開始。
D2デザインセンター設置。
平成21年 独マンソリー社の日本正規輸入元及びオートプロジェクトD株式会社を総販売元へ。
東京ビッグサイト SISショーにマンソリージャパンとして出展。
小売販売チャンネルの株式会社オートプロジェクトD GINZA計画発足。
株式会社クリスタルクリエイトホールディング及び輸出事業のベトナム市場開拓発足。
コンストラクションマテリアル(建設資材)市場調査及び開拓開始。
ページ上部に戻る